北海道医師協同組合は北海道内の開業医師のための組合です。

メニュー
組合概要

組合概要

北海道内の開業医師のための組合です

北海道医師協同組合は、昭和30年9月に創立された事業協同組合です。
目的は、組合員の相互扶助の精神に基づき、必要な共同事業を行い自主的経済活動を促進し、その地位の向上を図ることであり、北海道内で医業を行う事業者が組合員となり組織された法人です。個人開業医(医科・歯科)及び医療法人が参加されております。

昭和30年代は、融資を中心とした事業を行ってまいりました。昭和40年代は、医療消耗品などの共同購入が展開され、昭和50年代は臨床検査センターを設立し組合員が安心できる検査精度を高めることを求めてまいりました。平成に入り、開業医の高齢化がすすむなか、事業継承や老後対策等の問題点を解決すべく、福祉事業の充実を図ってまいりました。

医業を取り巻く環境は厳しく、経済的向上を図る必要があると強く感じます。是非多くの開業医の諸先生方にご参加いただきたいと思います。

役員紹介 H28.05.21現在

理事長 才善 宣雄 札幌市医師会豊平区
専務理事 木村 健修 札幌市医師会中央区東
常務理事 平賀 俊尚 江別医師会
常務理事 伊部 國夫 札幌市医師会西区
理事 田村 武雄 札幌市医師会中央区西
理事 板谷 晴隆 小樽市医師会
理事 萬田 直紀 札幌市医師会中央区東
理事 三上 一成 札幌市医師会豊平区
理事 小谷 俊一 札幌市医師会北区
理事 山科 賢児 札幌市医師会中央区東
理事 正木 芳孝 札幌市医師会中央区東
監事 澤田 満男 札幌市医師会北区
監事 芦田 眞造 札幌市医師会中央区東
員外監事 清平 秀幸

シンボルマーク

創立40周年(平成7年9月3日)を記念して北海道医師協同組合のシンボルマークを制作いたしました。

これは、北海道そのものをモチーフにし、一本の太いラインでデザインしております。
相互扶助の精神に基づき、より多くの組合員が力を合わせ、共同事業によるスケールメリットを享受していく、という組合の目的と理念を太いラインで表現しております。

組合事業及び優遇制度

購買事業

組合員向けサービスである充実の約20,000アイテムを掲載した「医療用品カタログ」の発行。
書籍(医学書、一般書籍問わず)が組合員特別価格で購入が出来る書籍購買サービス。
また、共通サービスである既製作印刷物・SYS化粧品等(※)は、通常価格より更に1割引、配送料は無料です。
(※)詳細は事務局までお問い合わせください。

斡旋事業・各種サービス

病医院で必要な各種商品、各種サービスの斡旋、ホームセキュリティーなどの他、住宅・マンションが割引特典付でご購入が可能となります。

生命保険・所得補償保険の団体割引適用

団体扱にすることで保険料割引が適用となります。ご契約内容(保障内容)はそのままで、個人でのご加入より保険料が割安となります。
また、複数社の団体窓口を設けておりますので、各社の契約を医師協団体扱とし窓口を一本化することで、契約管理を行うことが可能となります。

損害保険の集団扱制度割引適用

自動車保険・火災保険等につき割引を効かせることで保険料が安くなります。(更改時に適用が可能)
保険の内容や事務などは変わらず、手間が増す事もございません。
面倒な更新手続き等も確実に管理しますので安心であり、かつ事務軽減にも繋がります。

労働保険事務組合への委託

面倒な労働保険の事務手続や労働保険料の申告納付等の事務処理を行います。また、事務組合に委託した場合、本来労災保険に加入することができない事業主や家族従事者なども特別に労災保険に加入することができます。

商工中金による融資

機関誌の発行

 

所在地

〒060-0042
札幌市中央区大通西8丁目2番地 住友商事・フカミヤ大通ビル8階
TEL 011-222-0110 FAX 011-222-0119

 

最上部へ